使っているパソコンはいつかは必ず買い換えるときが来ます。最近ではOS(オペレーティングシステム)の新しいバージョンが発売されるときに合わせて買い換える人も少なくないでしょう。それまで使っていたパソコンからデータを移行することは必要にせまられて多くの人がやっていますが、元のパソコンに残っているデータについても気を配るようにしてください。

パソコンの記憶媒体にはさまざまなデータが保存されています。メールのやりとりをしていれば、自分の個人情報だけでなく、通信相手の秘密の情報も残っているかもしれません。大切なのは、通常のパソコン上の操作だけでは、完全なデータ消去はできないのだということです。これは必ず意識しておいてください。

たとえばデスクトップ画面にゴミ箱と呼ばれるアイコンがあり、ゴミ箱を空にするという操作をすればそこにあった電子ファイルを確認することはもうできません。しかし、実は、ハードディスクなどには消したはずのデータが残っていて、復活させることが技術的に可能です。したがってこのままでは、自分や周りの人の個人情報などを保護できないのです。

完全にパソコンのデータ消去をやってくれる業者さんに依頼するか、専用をソフトを買ってきて自分でやるか。このどちらかの方法で、要らなくなったパソコンの処理を必ずしましょう。